簡単にサイズダウン可能

注射器

定期的に行なうのが大事

顔が大きく見える原因には幾つか考えられます。脂肪が多くついていたり、骨格的にエラが左右に張り出していることが原因の場合と、モノをかむ筋肉などが発達しすぎていることの二点が代表的です。脂肪が多かったり骨格が発達しすぎている場合には、それらの問題を解消しないかぎり小顔効果を望むことは困難です。しかし筋肉が発達した場合には、ボトックス注射で改善させる可能性が充分あります。顔には大小の様々な筋肉が存在しています。そのうち食事の時には咬筋を使用してものを咀嚼する動作を繰り返すことになります。なかには食事のクセなどでこの筋肉が発達しすぎてしまう場合があります。身体の他の筋肉でも発達すれば成長し、サイズも大きくなる現象が観察されます。これと同様の現象がエラまわりの筋肉が発達することで、顔が大きくなるわけです。ボトックスとはボツリヌス菌と言う細菌が分泌する化学物質で筋肉を弛緩させる働きを持っています。筋力が発達し緊張した状態を緩和する作用をもっているので、筋力が衰えてサイズも小さくなります。そのおかげで小顔効果を期待できる訳です。ところで咬筋が萎縮することでモノを食べにくくなるのか心配になりますが、ものを咀嚼する筋肉は他にもあるので特に支障は生じません。ボトックス注射は筋肉をゆるめる作用を持った成分を注入するというものです。体内に入った有効成分は永続的に残り続けることはできないので、やがて効果も薄れていきます。一般的な効果の持続時間の目安は6ヶ月程度とされています。そのため時間経過に伴い効果がなくなっていくので、やがて咬筋も回復していくので、そのまま放置すれば元の状態に戻ることになるのは確かです。このように聞くと一時的な効果に止まるので、エラを小さくする効果を持つとしてもあまり意味がないように考える方がいらっしゃるかもしれません。しかしながら筋力が回復するといっても、筋肉が萎縮しているのは確かなので、6ヶ月ほど経過しても完全にもとの状況に回復するわけでもないのです。そこでエラを小さくする小顔効果を持続させるためには、定期的にボトックス注射を実施するのがおすすめです。だいたい効果が弱まってくる3-6ヶ月ぐらいのタイミングを見計らって、再度注射を行ないます。すでにこの状態では元の筋肉に比較すれば、萎縮して小さくなっています。そこでボトックス注射を定期的に行なうことで、さらに咬筋のサイズダウンを測ることができるので、容易に筋力が回復するのは難しくなります。そのおかげで小顔効果もより長期間維持することにつながります。