優しい顔立ちで自信を持つ

看護師

施術を重ね綺麗な顔ライン

ボトックスは顔のシルエットなどを整えてきれいに見せることができます。例えばフェイスラインを丸く優しい雰囲気にしたり、しわを伸ばしてハリのある肌にしたりできます。中でもエラが目立つ方に、ボトックスによってエラの筋肉を小さくすることできます。メスで切ることなく、または骨を削るなどの大掛かりな手術ではなくとも改善できる方法です。ボトックスはボツリヌス菌がつくるたんぱく質を薬として応用したもので、筋肉に入れることで凝り固まった、癖の付いた筋肉を弛緩させて、収縮させる効果があります。そのため、しわやたるみ、働きの強すぎる筋肉を緩めて適度な大きさに抑えることもできます。エラが目立つ方の中には筋肉が発達してしまっているタイプも多く、このボトックスの働きでエラの筋肉が大きくなっている状態を改善しますのでエラ自体も小さくできます。たんぱく質が主成分ですので、人体にとっても違和感のない方法で安心です。ボトックスを行って成分がいきわたり効果を発揮するのは数日後です。施術をしてその瞬間から小顔になるのではありません。また、人によっては数か月で緩やかに戻っていきますので、数回繰り返すことで定着していくので急激な体への負担も少ないのが特徴です。安全性も高く体にも負担がないとなれば、エラが筋肉によって目立つ方にとっては魅力ある施術がボトックスでしょう。とは言っても、実際に施術に踏み切るときには覚えておきたいこともあります。まずは1回で終わるとは限らないので、ある程度先まで見据えておくことが必要です。人によって行う回数は異なりますが、数回ボトックスを行うことで筋肉が小さくなってきますので、医師の指示なく途中でやめてしまうと効果がないばかりか、フェイスラインが中途半端な状態になってしまいます。そのため、予定を先まで余裕を持っておく必要もあります。また、患部がいつもではないような感覚があったら、我慢せずに医師に相談しましょう。面倒臭がらずに相談する体制を整えておくのがお勧めです。また、何かあったら連絡を推奨してくれるクリニックを選んでおくと、通いやすいうえに安心できます。このほかに気を付けておきたいのが、施術後はあまり強く顔の洗顔をしないことです。エラをマッサージのように揉んだり、リンパマッサージのようにいじってしまうと、ボトックスの吸収や作用に影響が出ることもあります。いつも通りに、クリニックの指示に従って過ごすようにすると効果や定着も早くなります。